心を込めてトイレを掃除すれば気分が上向きになる

気持ちの面でも変化します

女性

一見無関係な2つの関連性を知ろう

現代のストレス社会の中では、いつ自分もうつ病等の精神的な病になってしまうか分かりません。幸いにも、現在はそうした社会の要請に応じて、様々なメンタル改善方法が提唱され、症状に悩む人たちの道しるべとなっています。色々とメンタル改善の方法が提唱されている中でも注目を集めているのが、トイレ掃除です。この方法をメンタル改善の方法として使う意義にはまず、常に清潔な環境を整える意識付けを行うという点があります。トイレ等の汚れが落ちて清々しい気持ちになると同時に、この気持ちを保ち続けたいという事からトイレ以外にも掃除をこまめにするようになり、清潔さを保てるようになります。また、トイレ掃除をこまめに行うという意識付けは、考え事をする時間を減らすという事にも役立ちます。鬱病等が引き起こすもやもやした気持ちは、何もしていないとより深みに陥ってしまう事があります。定期的にトイレ掃除をするという事により、用具の準備や汚れている場所の確認、片付け等でそのような暇が無くなります。普段から行っている事でメンタル改善をしたい、と考えている人にこの方法は活用されているようです。

何故このトイレ掃除がメンタル改善に役立つのか、それはトイレ掃除がその他の場所の掃除に比べて色々と気を付ける事が多いからです。例えば、室内の掃除であれば掃除機をかけてゴミをまとめて終わり等と、単純な作業のみで終わってしまう事が多いです。対して、トイレ掃除は汚れている場所の確認を行い、汚れに応じた清掃用具を用意し、手が汚れないように手袋を付ける等清掃を行うために様々な準備が必要になります。こうして色々と考えて、清掃を行っている間も体に汚れた水が飛ばないようにと気を遣いつつ行っていくうちに、メンタルの改善が見込めるといった流れになります。さらに、トイレ掃除は他の人があまりやりたがらない事なので、感謝の念を他人から告げられる事が多いです。こうした事もメンタル面に良い影響を及ぼします。鬱病患者の特徴として、自分はいなくても良いのではないかという自責の念に駆られるという点があります。家族・仲間に感謝の意を伝えられるという事は、自分の存在価値を再確認出来る格好の機会と言えます。そのような特性を持つために、他の場所の掃除ではなく、トイレ掃除がメンタル改善に向いていると言われているのです。

Copyright© 2020 心を込めてトイレを掃除すれば気分が上向きになる All Rights Reserved.